花より男子 第3話

花より男子 第3話のページを説明

スポンサードリンク

小栗旬 はドラマでも高校生役としての役柄が多く、
1998年放送の学園ドラマ【GTO】 から2008年放送のドラマ『花ざかりの君たちへイケメン♂パラダイス卒業式&7と1/2話スペシャル』までで10年間もの長きに亘って高校生役を演じています。
【クローズZERO II】(2009年公開予定)で11年目となります。

新着記事一覧

花より男子 第3話


小栗旬主演『花より男子』 第3話



あらすじ:

つくし(井上真央)は藤堂静(佐田真由美)の帰国パーティーでドレスを貸してもらった。


そんなつくしを、花沢類(小栗旬)が褒めたことで、
道明寺司(松本潤)が類をなぐってしまう。


喧嘩になりそうなときに間に入ったつくしに、
司はかぶさるように倒れ唇と唇を重ねてしまうのであった。


しかも、これが二人にとってのファーストキスだった。



幼なじみの優紀(西原亜希)から、類に告白するように言われるつくしは、
類が静へ思いを持っていることを知って躊躇してしまう。


静は類に、国際弁護士になるために、またフランスに戻ると決心する。
つくしはそのことを柱の影で立ち聞きしてしまう。



ある日、司をつくしを待ち伏せして、
車に乗せようとするがいい争いになってしまう。


そのとき、どこからともなく高級車の女性が現れ、
司に強烈なパンチとケリをお見舞いする。

実はその女性は司の姉、道明寺椿(松嶋菜々子)である。



類に連れられて、静の部屋に入ったたつくしは
「花沢類のために、日本にいて下さい!」と静に対し土下座して頼むのである。



花より男子公式ページ


花より男子(rakuten)
小栗 旬(rakuten)  人気ブログランキング


スポンサードリンク

あなたの温かい1クリックをお願いします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

小栗旬 動画画像など紹介ブログの花より男子 第3話のリンクについて

小栗旬 動画画像など紹介ブログの花より男子 第3話のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。