小栗旬主演、花より男子、詳細

小栗旬主演、花より男子、詳細のページを説明

スポンサードリンク

小栗旬 はドラマでも高校生役としての役柄が多く、
1998年放送の学園ドラマ【GTO】 から2008年放送のドラマ『花ざかりの君たちへイケメン♂パラダイス卒業式&7と1/2話スペシャル』までで10年間もの長きに亘って高校生役を演じています。
【クローズZERO II】(2009年公開予定)で11年目となります。

新着記事一覧

小栗旬主演、花より男子、詳細

『花より男子』(はなよりだんご)は、
神尾葉子の少女漫画作品。『マーガレット』(集英社)で1992年から2004年まで連載された。

単行本全37巻、完全版全20巻。第41回(平成7年度)小学館漫画賞受賞。

一般庶民の牧野つくしと大金持ちのF4、この正反対な人達が生み出すギャグも入った恋愛ストーリー。集英社発刊の『マーガレット』の屋台骨として、長年に渡り根強い人気を博したが、2004年にその連載を終了した。裕福な生徒の多い学園に何故か紛れて入学してしまった、貧乏少女の奮闘と恋の物語である。連載期間が長かった事もあり、そのファン層の年代は幅広い。日本では2度の映画化(2度目はテレビドラマシリーズの映画化となる)、アニメ化、そしてテレビドラマ化もされ、台湾でも『流星花園(りゅうせいはなぞの)』の題名でテレビドラマ化もされている。英語表記もそのままMeteor Garden。

2005年9月の時点で発行部数4800万部と少女漫画歴代2位の売上げを誇っていたが、日本でのドラマの大ヒットを受け、同年12月には発行部数を5800万部まで伸ばし、ついに日本一売れた少女漫画となった。

発行部数はメディアによって多少違う。「王様のブランチ」(2007年8月18日放送)では5920万部、「めざましテレビ」では6000万部突破とされている。

なお、2005年12月9日発売の『マーガレット』本誌において、2006年中に続編を描くことを作者が明言し、同誌2006年15号(2006年7月5日発売)に読み切り形式で発表され、完全版最終巻に収録された。

また、作者の別作品、『ジャンプスクエア』連載中に、2008年1月4日発売の『マーガレット』で花沢類主役の前後編「俺の話をしようか」が掲載された。

2008年6月には、2006年に読み切りとして掲載された続編と「俺の話をしようか」が収録された、単行本の37巻が発売された。

なお、男子と書くが、「だんし」ではなく「だんご」である。


■あらすじ

名門の筋や素封家の子弟が入学する事で知られる英徳学園高校に、何の因果か入学してしまった一般庶民の牧野つくしだったが、学校は、道明寺財閥の御曹司・道明寺司、花沢物産の御曹司・花沢類、日本一の茶道の家元の跡取り息子・西門総二郎、日本の裏社会を仕切ってきた一族の後継者・美作あきらのF4(Flower 4―“花の四人組”)によって、牛耳られていた。学校は、F4の親から多額の寄付金を受け取っていたため、生徒達はもちろん教師達ですら彼らに逆らう事が出来なかった。つくしは、それに違和感を持ちながらも、平凡な高校生活を送ろうと思っていた。

ところがある日、つくしはF4に絡まれている友人・遠藤真木子を庇った事が原因で、F4に赤札を貼られ、学校全体からいじめのターゲットにされてしまった。しかし、正義感の強いつくしは彼らの性根を叩き直さんとばかりに立ち向かって行く。

だが、道明寺はつくしのことを好きになってしまい、それからは彼女一途でそればかり…虐められ騙され続けたつくしの人生が、このF4によって変わり始めた。次第に二人の思いは通じ合っていったが、様々な事情が彼らの恋路を阻む。


ウィキペディアより

花より男子(rakuten)
小栗 旬(rakuten)


スポンサードリンク

あなたの温かい1クリックをお願いします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

小栗旬 動画画像など紹介ブログの小栗旬主演、花より男子、詳細のリンクについて

小栗旬 動画画像など紹介ブログの小栗旬主演、花より男子、詳細のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。